抱えている課題別で選ぶ 自社に合った勤怠管理システムの選び方 抱えている課題別で選ぶ 自社に合った勤怠管理システムの選び方
勤怠管理システムの乗り換え先が見つかる|勤怠ch. » 勤怠管理システム一覧

勤怠管理システム一覧

こちらでは、勤怠管理システム55システムを紹介しています。各システムの特徴や搭載機能、導入メリット、価格、導入事例、操作画面、会社情報などを解説。勤怠管理システムを比較検討する際の参考にしてみてください。

トップページではこれら55システムの中から、現状導入しているシステムの課題ごとに、おすすめのシステムをご紹介しています。

勤怠管理システムの
おすすめ3選を見る

ICタイムリコーダー

ICタイムリコーダーは、便利な機能を豊富に揃えた勤怠管理システムです。勤怠状況やシフト管理など勤怠データをWeb上で一元管理&閲覧可能なほか、PC・スマホ・ICカード・顔認証など多彩な打刻方法に対応しています。

安心の低価格と無料サポートが受けられるのも魅力的です。月額費用内で機能アップと法改正にも対応。

ICタイムリコーダー
について詳しくみる

AKASHI

ソニービズネットワークスが提供するクラウド勤怠管理システムです。多彩な打刻方法や優れたUI・UXを持ち、快適で直感的な操作ができます。

またシステムを提供するだけでなく、チャットを通じて相談できるなど各種のサポートも行っており、導入から運用までスムーズに進められるでしょう。ユーザーの要望を反映したアップデートも高頻度で実施。

AKASHI
について
詳しくみる

アテンリー

アテンリーは、導入しやすい低価格が魅力です。初期費用無料で低価格でスタートできるほか、30日間無料トライアルもあります。勤怠情報の記録・共有、有給計算・交通費計算・シフト管理など多彩な機能を備えており、打刻方法も多彩、画面デザインはシンプルで操作性も良好です。

アテンリー
について
詳しくみる

ALIVE SOLUTION TA

36協定など法令対応しながら勤怠管理を効率化できる、三菱電機ITソリューションズ提供の就業システムです。PC、スマートデバイス、生体認証など多彩な打刻方法に加えて、テレワーク・在宅勤務など多様な勤務形態にも対応します。

法令対応では、時間外労働の際の36協定を考慮した仕組みを構築し、厳正な労働時間管理と監査にもスピーディーに対応。

ALIVE SOLUTION TA
について詳しくみる

e-就業OasiS

便利で多彩な機能が充実している、e-就業OasiS。出退勤時間・残業時間の管理はもちろん、各種届出申請・承認ルート・代理管理・プロジェクト工数実績管理・英語表示切替機能など豊富な機能がインターネット環境のみで利用できます。

UIにも優れ、分かりやすさと操作性の良さも備えているのでPCが苦手な方も使いやすいシステムです。

e-就業OasiS
について
詳しくみる

e3school勤怠管理システム

業界の中では異色の学校向け勤怠管理システムです。さまざまな学校や教育委員会でも採用されている実績の高いシステムで、学校ならではの状況を踏まえた豊富な機能を備えており、先生の勤務状況を見える化したり、効率化したりしながら、先生の働き方改革をシステムを通じて支援します。問い合わせ導入まで丁寧なサポートつきです。

e3school勤怠管理システム
について
詳しくみる

WiMS/SaaS 勤務管理システム

WiMS/SaaS 勤務管理システムはバランスの良さが光ります。勤怠管理に必要な機能を備えるだけでなく、労務管理全体をサポートする各種機能を標準で搭載し、多様化する働き方に沿った勤怠管理の設定や、PC・スマホ・WEBブラウザなど出退勤時間の打刻手段も多彩です。不足なしのオールマイティなシステムです。

WiMS/SaaS 勤務管理システム
について
詳しくみる

かえる勤怠管理

ITZが提供する「帰る勤怠管理 ビル管理」は、ビル管理に特化した専門性の高い勤怠管理システムです。高齢者も多く務めるビル管理業界ですが、同システムならボタンを押すだけで出退勤時刻の打刻ができるため、高齢者だけでなくスマホが苦手な方も簡単に操作できます。各現場の状況はリアルタイムに把握できるため管理もスムーズです。

かえる勤怠管理
について
詳しくみる

ガルフCSM勤怠管理

ガルCSM勤怠管理は多くの店舗で採用されている人気の勤怠管理システムです。労務管理を効率化する多彩な機能を備えているほか、業務内容に合った独自のシステムを構築できます。多店舗企業の業務ノウハウを集約しているため、会社や業種に沿った労務管理環境を整備できるほか、導入に際しては手厚いサポートもあります。

ガルフCSM勤怠管理
について詳しくみる

COMPANY

多種多様な勤務スタイルに対応できる勤怠管理システムです。フレックスタイム制、在宅勤務など従業員の働き方が異なる状況でも、ワンストップで適切に管理できます。

長時間労働を防止する機能も標準搭載しており、従業員の健康管理はもちろん、訴訟リスクを回避できるメリットも。大企業を中心に社員の多い組織体での労務管理ツールとしておすすめです。

COMPANY
について
詳しくみる

勤革時

人気が高く多くのシェアを有するクラウド型勤怠管理システムです。モバイル・ICカード・顔認証・ログイン記録など打刻手段が多彩なため、状況に合わせたスムーズ&ストレスフリーな勤怠管理を実現します。

システム価格も低価格で、年3回の無償バージョンアップも提供するなど、導入までのハードルの低さも魅力です。

勤革時
について
詳しくみる

KING OF TIME

KING OF TIMEは豊富な打刻手段を備えており、PC・スマホ・顔に印象・指紋認証・ICカードなど多様な方法での打刻が可能です。加えて、休暇管理、残業管理、リアルタイム自動計算、アラート機能等々、勤怠管理に関する機能も充実しています。

導入を決断しやすい低価格&サポート体制も魅力的です。

KING OF TIME
について
詳しくみる

kincone

kinconeは手軽に導入しやすい勤怠管理システムです。早期運用開始が可能で、初期投資が不要なので低コストで導入できます。

勤怠管理では打刻と交通費を同時に読み取れるため、勤怠打刻の手間と時間を軽減します。ビジネスチャット打刻やSlackなど外部連携も充実。

kincone
について
詳しくみる

勤怠管理EX

Knwolboが提供するリモートワーク勤怠管理システムである勤怠管理EX。3つの打刻方法に対応しており、モバイル環境でも打刻できるのでリモートワークにも適しています

勤怠管理に必要な出退勤、シフト、申請・承認、集計などの機能はもちろん、リモートワークに適したスケジュール、メッセージ、掲示板、文書管理、会議室予約機能も搭載。経費精算が出来るのも特徴です。

勤怠管理EX
について
詳しくみる

勤怠管理パック

リコージャパンの勤怠管理パックは総合力の高さが光ります。単に勤怠管理を行うだけでなく、従業員一人ひとりの希望やスキル、就業規則、労働条件など諸条件を考慮した適正な労務管理が行えます。

管理者も従業員も勤務状況をリアルタイムに確認できるため、正確な勤怠管理を通じて法令逸脱を未然に防止できるのも特徴です。

勤怠管理パック
について
詳しくみる

勤怠管理システム(システムギア)

システムギアが提供する勤怠管理システムは、多種多様な業種・勤務スタイル・シフト管理に対応。年を追うごとに複雑化する労働環境にもスマートに処理できます。

さまざまな給与ソフトとも連携可能で、勤怠管理と給与ソフトを連携させることで、業務効率化はもちろん、担当者の負担軽減と新たなリソースを創出可能です。

勤怠管理システム(システムギア)
について
詳しくみる

勤怠管理システム(ビジネストラスト)

ビジネストラストが提供する勤怠管理システムは、PCからスマホICカード、タイムレコーダーなどロケーションに合わせた多彩な打刻方法を用意しています。従業員の利便性が高まるのはもちろん、各種申請はWebを通じて行えて、かつ上長には通知がされるため承認漏れを防止できます。

代休や振休の取得状況も一目で確認できるため、有給休暇を促進できるのも利点です。

勤怠管理システム(ビジネストラスト)
について
詳しくみる

キンタイミライ

総合力の高いクラウド型勤怠管理システムです。スマホ・PC・ICカード・指静脈など全部で12種類の打刻手段を備えるほか、会社の規模や業種を問わず自社に適した勤怠管理システムをカスタマイズできます。

2003年のサービス開始以来、豊富な実績とノウハウを集約しているため、幅広い業種の労務管理ニーズに対応可能です。

キンタイミライ
について
詳しくみる

勤之助

HOYAが提供する勤之助は、画面レイアウトを紙の出勤簿ベースに設定しているのが特徴。そのため紙の出勤簿に慣れている方でも操作がしやすく、システム導入もスムーズです。加えて、計算や集計は全て勤之助が対応。

面倒な事務作業から解放されるだけでなく、正確な管理の実施により虚偽申告や不正を防止できます。

勤之助
について
詳しくみる

クラウドタイムカード

クラウドタイムカードは、導入を決断しやすい低価格が魅力。無料から始められるプランも用意しているほか、導入ステップも簡易的で最短3分で導入ができます。

打刻方法はパソコン・スマホ・タブレットなど幅広い機器に対応し、そのほか、勤怠管理に必要な承認機能・勤務形態の設定・集計機能・有給休暇・変動勤務者機能など各種機能が揃っています。

クラウドタイムカード
について
詳しくみる

クロノスPerformance

デフォルトでも完成度の高い勤怠管理システムです。その上、法的リスクへの対応も充実。従業員の過重労働を未然に防ぐため、アラート機能や勤務間インターバル制度を導入しています。法令を遵守しながら適正に勤怠管理を行えるのが特徴です。

加えて、きめ細かい保守サポートによりランニングコストを削減できるなど、経済性にも優れています。

クロノスPerformance
について詳しくみる

ここにTouch!

ここにTouch!は充実した機能を備える勤怠管理システムです。出退勤登録・自動計算・承認申請・管理者権限の設定・労務アラート機能・給与計算連携にも対応。幅広い業種に適用できるほか、オンプレミスorクラウド型のいずれかを自社の状況に合わせて選べます。

導入支援も行っているので、初めて導入する場合でも安心できるでしょう。

ここにTouch!
について
詳しくみる

CC-BizMate

24時間対応の便利な勤怠管理システムです。オフィス・外出先・出張先など場所を問わず、いつでもスマホから打刻・申請が行えます。他方、法的リスクもしっかりマネージメント。36協定違反を抑止する残業予測機能を備えており、あらかじめ設定した残業時間を上回るとアラートを出して警告してくれます。

労働時間の集計機能を活用すれば、一人ひとりの工数管理も可能です。

CC-BizMate
について
詳しくみる

ShiftMAX

エクセル画面を見ながらWeb上で勤怠管理ができるシステムです。労働時間の計算・集計は「エクセルに慣れている」という方も多いでしょう。ShiftMAXはエクセルモードで労働時間の計算や集計を行い、かつ既存のエクセル帳票に合わせたデータ出力も行えます。

導入しやすい価格とエンジニアによるサポートも魅力ポイントです。

ShiftMAX
について
詳しくみる

ジンジャー勤怠

ジンジャー勤怠は、システムに慣れていない方におすすめのサービスです。UI(インターフェース)に力を入れており、シンプルな操作画面となっているため、PCが苦手な人でも簡単に使用できます。

もちろん機能も充実。打刻情報をもとに残業時間や有給休暇の残日数を自動計算できるほか、従業員の打刻漏れもシステムで一括確認できます。

ジンジャー勤怠
について
詳しくみる

シュキーン

グラフィカルな表示と豊富な機能が魅力のタイムマネジメント型勤怠管理システムです。表示性・視認性に優れた統計機能を備えているため、労働時間の管理がしやすく従業員の勤務状況も一目瞭然にわかります。最大2ヶ月間は無料で全機能を利用できるなど、コスト面も良好です。

シュキーン
について
詳しくみる

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は、シンプルながら勤怠管理に不可欠な各種機能を取りそろえ、かつ中小企業から大企業まで幅広く対応しています。出勤管理・シフト管理・休暇/申請管理などの機能を搭載し、シンプルな操作性も特徴です。

打刻方法も、PC+ICカードリーダー/PCブラウザ打刻/携帯(GPS)打刻/Slack打刻と多彩な方法に対応しています。

ジョブカン勤怠管理
について詳しくみる

SPEASIC

SUPEASICは、システム開発ノウハウを持つエスピーイーが提供している勤怠管理システムです。ICカードリーダー・スマホ・タブレットなど豊富な打刻方法に対応するほか、残業時間のリアルタイムな自動集計、所定残業時間超過時のアラートメール自動通知、通常の勤務形態のみならずフレックス・シフト勤務にも対応するなど、機能性と対応力があります。

SPEASIC
について
詳しくみる

スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカードはクラウドタイプの一元管理システム。勤怠管理はもちろん、シフト管理・休暇管理・労務アラート・変形労働時間制・給与/賞与など多彩な機能を備えるほか、クラウドならではの、オンラインによる出退勤管理及びペーパーレスによる日報報告も可能です。

人事労務freee、弥生給与等、外部サービスとの連携も充実しています。

スマレジ・タイムカード
について
詳しくみる

セコムあんしん勤怠管理サービスKING OF TIME Edition

大手警備会社セコムが提供している勤怠管理システムです。豊富な打刻方法と勤怠管理に必要な各種機能を搭載し、リーズナブルな価格設定やオンラインで操作方法をレクチャーしてもらえるサポートも受けられるなど、初めてでも導入しやすい環境が魅力ポイントとなっています。

セコムあんしん勤怠管理サービスKING OF TIME Edition
について
詳しくみる

Time-R

多彩な機能を有しながら、同時に分かりやすくてシンプルな操作性を両立させたTime-R。勤務時間の管理・集計ルール設定/残業の申請・承認・集計/有給休暇等の申請・承認・集計/不正防止機能など機能は充実していながらも、シンプルなインターフェースにより快適かつ効率よく勤怠管理が行えます。打刻方法はタブレット・ビットタッチ・顔認証の3種に対応。

Time-R
について
詳しくみる

TIME-3X

多くの社員を抱える大企業への実績が豊富なTIME-3X。その特徴は、「親しみやすい」設計思想。同システムは性能・機能を有していますが、同時にユーザーにとって親しみを覚える使いやすい画面や操作性にも配慮しています。そのため、パソコンや電子機器の操作が苦手な人への導入・定着も可能です。導入サポートも用意されているので安心できるでしょう。

TIME-3X
について
詳しくみる

TimeBiz

TimeBizでは、リアルタイム把握によるリスクヘッジが可能です。打刻時間とその集計、分析、可視化など、勤務状況をリアルタイムで管理できます。

迅速なデータ確認ができるため、スピーディーな労務管理の実現はもちろん、法定・社会的リスクへの対応も加速できます。クラウドタイプですから、PCのみならず、スマホやタブレットでも使用可能です。

TimeBiz
について
詳しくみる

TimePro-VG/VGcloud

導入実績が豊富なTimePro-VG/VGcloudの特徴は、優れた対応力です。幅広い業務へのシステム導入が可能なほか、柔軟な設定領域の活用により、自社に合った働き方の多様化を実現します。

そのほか、柔軟性はあっても操作は簡単です。同システムはマニュアル不要、だれでも直感的に使いこなせる操作性を意識した設計となっています。

TimePro-VG/VGcloud
について詳しくみる

タイムログDX

タイムログDXは、豊富な機能と分かりやすさを追求した勤怠管理システムです。乖離時間管理、個人注文管理、工数集計、API・CSV外部システム連携など充実した各種機能を、見やすい・分かりやすいインターフェースで操作できます。

シフト登録数は最大100,000パターン。数が多くなってもシステムによりラクラク調整・管理ができるでしょう。

タイムログDX
について
詳しくみる

タイム・ワークス

タイム・ワークスは多目的な勤怠管理システム。勤怠管理はもちろん、法的リスクへの対応や働き方改革もサポートします。ただ重層的でも、操作性や利便性は良好。磁気カード・ICカード、指静脈認証・QRコードなど多彩な打刻方法に加えて、直感的な操作性も追求するなど、導入定着を図りやすいシステムとなっています。

タイム・ワークス
について
詳しくみる

Touch On Time

システムの柔軟性と使いやすさが光るTouch On Time。効率的な勤怠管理はもちろん、拠点ごとにシステムを設定可能なため、拠点ごとに異なる就業ルールに合わせた勤怠管理が行えます。分かりやすいインターフェース、豊富な打刻方法など、操作性も良好です。

マネーフォワードクラウド給与、給与奉行クラウドなど外部ツールとの連携も可能となっています。

Touch On Time
について
詳しくみる

タブレットタイムレコーダー

タブレットタイムレコーダーは、グラフィカルな打刻機能が特徴です。従業員が打刻する際、データが送信されるだけでなく、登録した画像も表示されます。これにより本人確認を行えて、かつビデオメッセージなどを活用して一人一人の詳細な状況を把握できます。

その一方、全体表示も可能であり、組織全体のバランスも把握可能です。

タブレットタイムレコーダー
について
詳しくみる

TeamSpirit

柔軟なカスタマイズ性が魅力のTeamSpirit。会社(ユーザー)がシステムに合わせるのではなく、システムが会社にフィットできるよう設計されているため、スムーズな導入・定着が可能で、かつ自社に適した労務環境を整備できます。

他方、汎用性も高く、ERPや給与計算など基幹システムや外部ソフトとの連携性も良好です。

TeamSpirit
について
詳しくみる

使えるくらうど勤怠管理for建設業

建設業に特化したクラウド型の勤怠管理システムです。建設業に不可欠な機能を搭載しているほか、工事ごとの労務費管理も行えるなど、多機能かつ利便性の高いシステムとなっています。専門的で分厚い機能性ではありますが、使いやすさにも配慮しており、スムーズな快適操作が可能です。

現場ごとに連絡を共有できるグループウェア機能も搭載しています。

使えるくらうど勤怠管理for建設業
について
詳しくみる

Dr.オフィスLookJOB2

Dr.オフィスLookJOB2はカスタマイズ性の良さが特徴です。顧客からの要望をヒアリングした上でカスタマイズを行い、自社にフィットした勤怠管理システムを構築できます。会社や業種ならではの労働環境に沿った勤怠管理を実践したい場合におすすめです。

またDr.オフィスLookJOB2はGPS機能にも対応しており、場所を問わずいつでもどこでも打刻の記録が可能です。

Dr.オフィスLookJOB2
について
詳しくみる

Hi-PerBT クラウド勤怠

Hi-PerBT クラウド勤怠は幅広い業種に対応できる勤怠管理システムです。PCはじめICカード・QRカード・静脈認証・クリック・PCログオン等、多彩な打刻方法を用意しているため、特定の産業だけでなく、さまざまな業態・環境の会社に適用可能です。

他方、システム設計はシンプルです。打刻やデータ取得が簡単に行えるよう構築されており、システムに不慣れな方でも簡単に扱えます。

Hi-PerBT クラウド勤怠
について
詳しくみる

ハーモス勤怠

ハーモス勤怠は手軽にはじめられる経済性の良さが魅力です。30名以下の場合、初期費用・月額料金は無料、31名以上の場合でも低価格で利用できるシステムとなっており、システム面も充実。PCやスマホ、タブレット、QRコード、ICコード、さらにはSlack、LINEなどビジネス系のチャットツールによる打刻にも対応しています。

ハーモス勤怠
について
詳しくみる

奉行Edge 勤怠管理クラウド

奉行Edge 勤怠管理クラウドでは、さまざまな業務をデジタル化できます。打刻実績の入力、収集、従業員とのやり取りから、勤怠集計、チェック、帳票作成、給与連携にいたるまで、業務をシステムに取り入れてデジタル化&一元化。煩雑な勤怠管理の効率化と負担軽減を実現します。

導入から稼働までサポートしてくれるので、システムが初めてでも安心感があります。

奉行Edge 勤怠管理クラウド
について
詳しくみる

フリーウェイタイムレコーダー

フリーウェイタイムレコーダーは低コストで導入可能な勤怠管理システム。利用人数10人以下なら無料、11人以上の場合でもリーズナブルな価格で利用可能です。同システムは複数管理者による運用に対応しており、1人だけでなく、複数の管理者を設定し権限を与えることで、複数の管理者による運用が可能です。

フリーウェイタイムレコーダー
について
詳しくみる

freee勤怠管理Plus

freee勤怠管理Plusは画面2Wayが特徴の一つ。スマホもPCも同じユーザーインターフェースが採用されているため、いずれのデバイスを使用しても違和感なく自然な操作が行えます。IT・Webが苦手な方もなじみやすいでしょう。

また、ICカード・静脈認証・ICカードなど豊富な打刻方法に対応できるほか、自社に合ったシフト作成も行えます。

freee勤怠管理Plus
について
詳しくみる

マネーフォワード クラウド勤怠

マネーフォワード クラウド勤怠は、マネーフォワードがリリースしている幅広いジャンルのシステムと連携できるのがメリット。会計ソフト、確定申告、請求書、経費精算といった種々のシステムは、クラウド勤怠と連携することで利便性が高まります。

1ヶ月の無料トライアルも用意されているため、機能性や操作性を確認してから導入を決められるのも利点です。

マネーフォワード クラウド勤怠
について
詳しくみる

mitocoWork勤怠

mitocoWork勤怠は、勤怠管理の効率化に特化したシステムです。同システムを通じて正しい勤怠管理を行うことで、社員や従業員が働きやすい環境を構築できます。より効果的な勤怠管理を実践したい方には、mitocoWork勤怠開発者が運営するブログの閲覧がおすすめ。mitocoWork勤怠の使い方やテクニックがまとめられています。

mitocoWork勤怠
について
詳しくみる

MINAGINE就業管理

MINAGINE就業管理はさまざまな勤怠情報を可視化できるのが特徴です。例えば、打刻に関しては初回打刻データを保存するため、上書き修正や改善を防止できます。また、PCログデータも取得するため、従業員の勤務実態の可視化も可能です。

加えて、各種の就業制度をシステムに反映させるなどコンプライアンス対応もしっかりしています。

MINAGINE就業管理
について
詳しくみる

MosP勤怠管理

MosP勤怠管理の特徴は、オープンソースであることです。システムのソースコードが無償で公開されているため、プログラム技術を持つユーザーであれば、ソースコードを基にカスタマイズを行い自社に適したシステムを構築できます。これにより、自社にフィットした勤怠管理を行えるようになるでしょう。

MosP勤怠管理は幅広い業界への導入実績もあるので、その点での安心感もあります。

MosP勤怠管理
について
詳しくみる

MOT 勤怠管理

MOT 勤怠管理は豊富な導入実績のある勤怠管理システムです。建設・介護・福祉・医療・ホテル・製造業等、幅広い分野に対応可能であり、勤怠管理を適正化するためのさまざまな機能を備えています。打刻では時間だけでなくGPSも記録するため不正打刻を防止できるほか、シフト管理も標準装備しているため、シフト希望の提出依頼自動送信や、欠員補充への迅速対応も可能です。

MOT 勤怠管理
について
詳しくみる

Universal勤次郎

60業種以上に採用されている実績のある勤怠管理システムです。ダッシュボード・出退勤・スマートフォン対応・残業管理・休暇管理・申請承認など多彩な機能を搭載し、より良い勤怠管理の遂行と会社環境構築に貢献します。

専属SEが導入サポートを行うため、システムに慣れていない場合でもスムーズな導入が可能です。

Universal勤次郎
について
詳しくみる

rakumo キンタイ

rakumo キンタイは、さまざまな環境に対応・導入可能な勤怠管理システム。ICカード専用打刻機をはじめ、ICカード、スマホ打刻、PC打刻、モバイル打刻など多彩なデバイスに対応できるため、就業場所に関係なく簡単に勤怠管理ができます。

また、ダッシュボードが用意されているため、労働時間や休暇の取得率等、各種データを見える化し一元管理できます。

rakumo キンタイ
について
詳しくみる

楽楽勤怠

「面倒くさいを楽に」できる実績豊富な勤怠管理システムです。これまでに多くの会社に導入されており、さまざまな企業における勤怠管理の合理化やスマート化に貢献しています。ビギナーに配慮した設計となっているため、従業員・管理者を問わず直感的な操作が可能です。各社のニーズを把握しての専任サポート制度もあります。

楽楽勤怠
について
詳しくみる

リシテア就業管理クラウドサービス

システム大手の日立ソリューションズが提供しています。多彩な機能を搭載するだけでなく、使いやすいシステム設計がされており、誰が管理を行っても同じクオリティで業務を処理できます。デフォルトでも十分な機能性ですが、楽楽勤怠では定期的な機能改善も行っており、法改正など社会の変化に対応しやすいのも評価ポイント。

リシテア就業管理クラウドサービス
について
詳しくみる

レコル

スピーディー&手軽に導入できる経済性の高い勤怠管理システムです。初期費用は無料、月額料金も低価格で導入できます。安くても機能性は充実しており、年次有給休暇の自動付与、時間単位の取得、管理簿、承認・申請のワークフロー、法令遵守のチェック機能や各種外部連携機能も用意しています。

レコル
について
詳しくみる

TeamSpirit

柔軟なカスタマイズ性が魅力のTeamSpirit。会社(ユーザー)がシステムに合わせるのではなく、システムが会社にフィットできるよう設計されているため、スムーズな導入・定着が可能で、かつ自社に適した労務環境を整備できます。他方、汎用性も高く、ERPや給与計算など基幹システムや外部ソフトとの連携性も良好です。

TeamSpirit
について
詳しくみる

Select

【抱えている課題別】
自社に合った勤怠管理
システム

ここでは、勤怠管理システムの導入にあたってよくある3つの課題ごとに、それぞれオススメのシステムを紹介します。

複雑なシフト形態・
変形労働時間制の管理なら
キンタイミライ
(株式会社ネオレックス)

※引用元:キンタイミライ公式HP
(https://kintaimirai.jp/)

オススメの業界
  • 運送業
  • ホテル・旅館
  • 飲食・小売り
こんな課題を解決
  • 変形労働や割増賃金など時給計算が特殊なケースの計算・管理に対応
  • 派遣されたスタッフや他店舗から来たスタッフ勤務場所・勤務時間の管理も可能。

公式HPで
資料請求する

最低限の機能だけを選んで
管理するなら
ジョブカン勤怠管理
(株式会社DONUTS)

※引用元:ジョブカン勤怠管理 公式HP
(https://jobcan.ne.jp/)

オススメの業界
  • 設立して間もないスタートアップ企業
  • 小中規模のベンチャー企業
こんな課題を解決
  • 出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理から使いたい機能だけを選んでコスト削減
  • 設立3年未満の企業であれば、1年間無料で使用できるため、予算を準備していなくても導入可能。

公式HPで
資料請求する

会計・経費などと合わせて
一元管理するなら
マネーフォワード クラウド勤怠
(株式会社マネーフォワード)

※引用元:マネーフォワード クラウド勤怠 公式HP
(https://biz.moneyforward.com/attendance/)

オススメの業界
  • IT
  • メーカー
こんな課題を解決
  • 複数のツールで管理するのとは異なり、問題が発生したときの解決へのスピードが速い
  • 財務・会計業務など会計事務所に外注していたバックオフィス業務と一元化し、月次決算の早期化と経営判断の高速化を実現

公式HPで
資料請求する

※選定基準:
・キンタイミライ:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、本番開発前のプロトタイプ開発および導入後の無料調整を唯一行っているシステムとして選出(2023年5月16日調査時点)。
・ジョブカン勤怠管理:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、必要な機能を選んで価格が決まる製品で、機能が200種類と最も多い (2023年5月16日調査時点)。
・マネーフォワード クラウド勤怠:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、一元管理できるバックオフィス業務のシステムが最も多い(2023年5月16日調査時点)。

Select
抱えている課題別で選ぶ
自社に合った勤怠管理
システムの選び方

ここでは、勤怠管理システムを乗り換えるにあたってよくある3つの課題ごとに、それぞれどういう基準でシステムを選ぶべきかを解説いたします。

自社のルール/勤務体系にあった運用がしたい
  • 一部で発生している手作業をどうにかしたい
  • もっと厳密な労務管理をしたい

既存のシステムでは自社のルールに合った管理でができておらず、手作業が発生しているなど、今のシステムに課題を抱えている企業もたくさんいらっしゃることでしょう。ホテル、運輸・倉庫、小売り、飲食といった、一般的なオフィスワーカーとは異なる勤務体系の業種に多いようです。

また企業規模が大きくなればなるほど従業員の雇用形態や労働形態が複雑になる上、高いコンプライアンスを求められることから、大企業を中心に既存システムでは対応しきれなくなるケースも散見されます

そんな課題を解決できるのは…
完全自社仕様にカスタマイズできる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「高いカスタマイズ性」を持つ勤怠管理システム。既存システムの機能では解決できない以上、自社仕様に機能を開発/調整してもらうほかありません。

このようなシステムを導入するにあたっては、細かいヒアリングを行った後、エンジニアが機能を調整してくれるため、痒い所に手が届くシステムになるでしょう。その分、既存のシステムよりもコストがかかりますが、従業員規模1,000名~といった大企業であれば 費用感は合うはずです。

自社仕様にカスタマイズできる
おすすめの勤怠管理システムは…

今よりももっとコストカットしたい
  • 使わない機能が多いのにコストが割高
  • 欲しい機能だけのシンプルなシステムにしたい

機能の充実した勤怠管理システムを入れてはみたものの、運用を始めてみるとあまり使っていない機能があることに気が付くケースです。複雑な機能を用いて厳密に管理を行うというよりかは、選び抜いた機能だけのシンプルで低コストなシステムに乗り換えたいとお考えの中小企業も多いでしょう。

従業員からも、管理者からも直感的に使えないとの声が上がったり、実際にエラーが頻出しているケースもあるようです。

そんな課題を解決できるのは…
必要な機能を選んで月額が決まる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「機能を選んでコスパ良く使える」勤怠管理システム。「出勤管理機能」「休日申請機能」だけで良い企業もあれば、「シフト管理機能」も欲しい企業もあるでしょう。

企業の規模や労務管理の方法などによって、欲しい機能は異なるのが普通。機能を厳選することで、従業員にとってもシンプルで使いやすく、経営者にとってもコスパの良いシステムとなるのです。

機能を選んで月額が決まる
おすすめの勤怠管理システムは…

会計/給与システムとの連携を強めたい
  • 会計/給与システムとの連携時に手入力が
    発生している
  • IPOのために内部統制が必要

事業の拡大に伴って従業員は増えるものの、労務管理を行う人数は増えていかず、管理する現場では負担が増える一方。既存のシステムでは勤怠とその他バックオフィスシステムを別々に導入しているため、うまく連携できていないという課題を持つ企業もいらっしゃることでしょう。

ベンチャー企業などにおいては、上場を視野に入れてバックオフィス業務を一気に統制していきたいというケースもあるようです。

そんな課題を解決できるのは…
給与/会計など豊富なバックオフィス系システムと
データを一元管理できる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「バックオフィス業務を一元管理できる」勤怠管理システム。「勤怠管理」だけでなく「給与」「会計」「経費」「人事管理」など、複数のバックオフィスシステムを展開しているシステムから、自社が必要なシステムを組み合わせて乗り換えると良いでしょう。

当然連携することを前提に開発されている為「リアルタイムでの数値同期」などで税理士との連携を行いながら、より効率的にバックオフィス業務を遂行することが可能です。

バックオフィス系システムと
強い連携が可能な
おすすめの勤怠管理システムは…

関連記事一覧