PR勤怠管理システムの乗り換え先が見つかる|勤怠ch.

導入後のよくある課題から逆算
勤怠管理システム
その使いづらさ
“解消”しませんか?

           勤怠管理システムのイメージ画像

業務を効率化しようと勤怠管理システムを導入してみたものの、「自社のルールに合った運用ができていない」、「結局アナログでの作業が発生している」「打刻漏れが多発している」などの課題を感じている企業も多いはず。

そこでこのメディアでは、勤怠管理システム導入後のよくある課題を調査。そのような課題を解決できるシステムばかりを集め、課題別におすすめのシステムをご紹介いたします

今導入している勤怠管理システムに使いづらさを感じている企業に向けて勤怠管理システム導入後のよくある課題を調査。そのような課題を解決できるシステムばかりを集め、課題別におすすめのシステムをご紹介いたします

【課題別で選ぶ】
自社に合った勤怠管理システムの選び方

Select

【抱えている課題別】
自社に合った勤怠管理
システム

ここでは、勤怠管理システムの導入にあたってよくある3つの課題ごとに、それぞれオススメのシステムを紹介します。

複雑なシフト形態・
変形労働時間制の管理なら
キンタイミライ
(株式会社ネオレックス)

※引用元:キンタイミライ公式HP
(https://kintaimirai.jp/)

オススメの業界
  • 運送業
  • ホテル・旅館
  • 飲食・小売り
こんな課題を解決
  • 変形労働や割増賃金など時給計算が特殊なケースの計算・管理に対応
  • 派遣されたスタッフや他店舗から来たスタッフ勤務場所・勤務時間の管理も可能。

公式HPで資料請求する

最低限の機能だけを選んで
管理するなら
ジョブカン勤怠管理
(株式会社DONUTS)

※引用元:ジョブカン勤怠管理 公式HP
(https://jobcan.ne.jp/)

オススメの業界
  • 設立して間もないスタートアップ企業
  • 小中規模のベンチャー企業
こんな課題を解決
  • 出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理から使いたい機能だけを選んでコスト削減
  • 設立3年未満の企業であれば、1年間無料で使用できるため、予算を準備していなくても導入可能。

公式HPで資料請求する

会計・経費などと合わせて
一元管理するなら
マネーフォワード クラウド勤怠
(株式会社マネーフォワード)

※引用元:マネーフォワード クラウド勤怠 公式HP
(https://biz.moneyforward.com/attendance/)

オススメの業界
  • IT
  • メーカー
こんな課題を解決
  • 複数のツールで管理するのとは異なり、問題が発生したときの解決へのスピードが速い
  • 財務・会計業務など会計事務所に外注していたバックオフィス業務と一元化し、月次決算の早期化と経営判断の高速化を実現

公式HPで資料請求する

※選定基準:
・キンタイミライ:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、本番開発前のプロトタイプ開発および導入後の無料調整を唯一行っているシステムとして選出(2023年5月16日調査時点)。
・ジョブカン勤怠管理:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、必要な機能を選んで価格が決まる製品で、機能が200種類と最も多い (2023年5月16日調査時点)。
・マネーフォワード クラウド勤怠:Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、一元管理できるバックオフィス業務のシステムが最も多い(2023年5月16日調査時点)。

自社のルール/勤務体系にあった運用がしたい

  • 一部で発生している手作業をどうにかしたい
  • もっと厳密な労務管理をしたい

既存のシステムでは自社のルールに合った管理ができておらず、手作業が発生しているなど、今のシステムに課題を抱えている企業もたくさんいらっしゃることでしょう。ホテル、運輸・倉庫、小売り、飲食といった、一般的なオフィスワーカーとは異なる勤務体系の業種に多いようです。

また企業規模が大きくなればなるほど従業員の雇用形態や労働形態が複雑になる上、高いコンプライアンスを求められることから、大企業を中心に既存システムでは対応しきれなくなるケースも散見されます

そんな課題を解決できるのは…

完全自社仕様にカスタマイズできる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「高いカスタマイズ性」を持つ勤怠管理システム。既存システムの機能では解決できない以上、自社仕様に機能を開発/調整してもらうほかありません。

このようなシステムを導入するにあたっては、細かいヒアリングを行った後、エンジニアが機能を調整してくれるため、痒い所に手が届くシステムになるでしょう。その分、既存のシステムよりもコストがかかりますが、従業員規模1,000名~といった大企業であれば 費用感は合うはずです。

自社仕様にカスタマイズできる
おすすめの勤怠管理システムは…

今よりももっとコストカットしたい

  • 使わない機能が多いのにコストが割高
  • 欲しい機能だけのシンプルなシステムにしたい

機能の充実した勤怠管理システムを入れてはみたものの、運用を始めてみるとあまり使っていない機能があることに気が付くケースです。複雑な機能を用いて厳密に管理を行うというよりかは、選び抜いた機能だけのシンプルで低コストなシステムに乗り換えたいとお考えの中小企業も多いでしょう。

従業員からも、管理者からも直感的に使えないとの声が上がったり、実際にエラーが頻出しているケースもあるようです。

そんな課題を解決できるのは…

必要な機能を選んで月額が決まる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「機能を選んでコスパ良く使える」勤怠管理システム。「出勤管理機能」「休日申請機能」だけで良い企業もあれば、「シフト管理機能」も欲しい企業もあるでしょう。

企業の規模や労務管理の方法などによって、欲しい機能は異なるのが普通。機能を厳選することで、従業員にとってもシンプルで使いやすく、経営者にとってもコスパの良いシステムとなるのです。

機能を選んで月額が決まる
おすすめの勤怠管理システムは…

会計/給与システムとの連携を強めたい

  • 会計/給与システムとの連携時に手入力が発生
  • IPOのために内部統制が必要

事業の拡大に伴って従業員は増えるものの、労務管理を行う人数は増えていかず、管理する現場では負担が増える一方。既存のシステムでは勤怠とその他バックオフィスシステムを別々に導入しているため、うまく連携できていないという課題を持つ企業もいらっしゃることでしょう。

ベンチャー企業などにおいては、上場を視野に入れてバックオフィス業務を一気に統制していきたいというケースもあるようです。

そんな課題を解決できるのは…

給与/会計など豊富なバックオフィス系システムと
データを一元管理できる勤怠管理システム

上記のような課題を抱えている企業に必要なのは、「バックオフィス業務を一元管理できる」勤怠管理システム。「勤怠管理」だけでなく「給与」「会計」「経費」「人事管理」など、複数のバックオフィスシステムを展開しているシステムから、自社が必要なシステムを組み合わせて乗り換えると良いでしょう。

当然連携することを前提に開発されている為「リアルタイムでの数値同期」などで税理士との連携を行いながら、より効率的にバックオフィス業務を遂行することが可能です。

バックオフィス系システムと
強い連携が可能な
おすすめの勤怠管理システムは…

Recommended

課題別で選ぶ
おすすめの
勤怠管理システム3選

上記で解説した勤怠管理システムの課題および、
システムの選び方に沿ったおすすめのシステムをそれぞれ解説しています。ぜひ参考になさってください。

複雑なシフト形態・変形労働時間制の管理なら…
高いカスタマイズ性を活かした、
完全自社仕様を実現できる

キンタイミライ
(株式会社ネオレックス)

キンタイミライ公式HP

※引用元:キンタイミライ公式HP (https://kintaimirai.jp/)

オススメの業界

  • 運送業
  • ホテル・旅館
  • 飲食・小売り

こんな課題を解決

  • 変形労働や割増賃金など時給計算が特殊なケースの計算・管理に対応
  • 派遣されたスタッフや他店舗から来たスタッフ勤務場所・勤務時間の管理も可能。

キンタイミライを
導入した事例紹介

やりたいカスタマイズが
全部できた

イケア・ジャパンでは、独自の人事制度にそった運用ができる勤怠管理システムを検討するなかで、「キンタイミライ」のフレキシブルな対応力に魅了され導入。
難しい要望に対しても、コンサルチームが解決策を一緒に考え、提案してくれました。「IKEA社員より、IKEAのルールやマインドを理解している!」と感じるほど、独自のルールへの理解が深かったです。機能をうまくカスタマイズしてくれたおかげで、理想としていた運用ができています。

(業種:小売り業、従業員規模:2,300名)

※参照元:キンタイミライ公式HP(https://kintaimirai.jp/introduction_results/ikea/)

30,000名もの勤怠の管理を実現

「西武ホールディングス」ではグループ企業5社、従業員数に換算すると30,000名もの勤怠を管理しています。これだけの人数を管理しているため、従業員種別や勤務形態もバラバラ。
細分化すると、集計するためのルールは36種類にも上り、これらを一元的かつリアルタイムに把握できる機能をもとめて「キンタイミライ」を導入しました。導入当初では、グループ企業の中の5法人のみで活用予定でしたが、今ではグループの共通システムとして活用しています。

(業種:宿泊業・物流業など、従業員規模:30,000名)

※参照元:キンタイミライ公式HP(https://kintaimirai.jp/introduction_results/seibuholdings/)

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

キンタイミライの特徴

どんな複雑なカスタマイズにも対応可能

ネオレックスの提供する「キンタイミライ」は、当初からカスタマイズ性を持たせたシステムにするべく開発された勤怠管理システム。だからこそどれだけ複雑な機能や設定を求められたとしても、柔軟に機能を調整することが可能です。

例えば、変形労働や割増賃金などの複雑なシフト形態への対応
通常の勤怠管理システムではこれらの勤務形態で正しく記録することが難しく、人事担当者の負担が大きくなるケースが多くあります。 しかしキンタイミライでは複雑なシフト形態、複雑な労働時間計算・給与計算にも対応可能。その他にも、派遣されたスタッフがどの場所で勤務をしていたのかを管理することもできます。これによって人事担当者にかかる負担の大幅削減が期待できるでしょう。

経験豊富なコンサルティングチームが導入前後を徹底サポート

機能をカスタマイズする以上は、自社の意図通りに機能が開発されたかどうかや、そもそも使いやすいシステムであるかが非常に重要。そこで同社では導入前のヒアリングで集めた情報を基に、まずは仮で開発したプロトタイプを用意。そのシステムを一緒に操作しながらフィードバックを集め、いよいよ本格的に開発を始めるというフローをとっています。

さらに、実際に導入された6ヵ月後には、点検/調整のタイミングも用意。現場で使ってみた中で出てきた不満や改善点を集約し、無償でシステム調整を実施。現場で長く使ってもらうという点に重きを置いている同社ならではのこだわりと言えるでしょう。

UI/UXにもこだわり平均レスポンスタイムはわずか0.02秒

毎日使うシステムだからこそ、UI/UX面に対しても強いこだわりを見せる「キンタイミライ」。レスポンスの遅いシステムは使う人の時間もやる気も奪う、という考え方の元、徹底的に業務を効率化するため「オンメモリデータベース」という独自の技術を開発

同技術を駆使することで、平均レスポンスタイム0.02秒(2023年5月調査時点)という速度を実現しています。

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

キンタイミライの
搭載機能の一例

タップすると各機能の説明が表示されます

シフト登録補助

「時間帯ごとの要員数」と「人件費予算」を同時に確認しながら、シフトの登録・調整を実施

改正労働基準法の代替休暇

1ヵ月60時間を超える時間外労働について、代替休暇を取得

4週4休のチェック

指定した起算日に基づき、4週4休のチェックを実施し、必要に応じて休日出勤を割り当て

労務管理を補助するチェック・警告

社会保険・36協定・長時間労働に関して、指定したルールに基づきアラート

有休・振休・代休 付与・残数管理

振替出勤が発生してから指定期間が経過すると、休日出勤の割増賃金対象の時間数として自動精算

まるめ集計パターン

その企業固有の集計方法をきめ細かに設定し、集計を自動化

PDF出勤簿

集計結果を含んだ出勤簿をPDF形式で出力

リアルタイム人件費

日々の勤務実績に基づく人件費を計算し、締め日を待たずして人件費を把握可能

マスタの管理

従業員のマスタ情報を1ヶ月単位で管理できるほか、CSV形式で一括して取得/編集/登録も可能

曜日・休日管理

社員やバイト、パートといった従業員の属性別にカレンダーを設定できるほか、まるめ・集計機能との連動も可能

パターン型 シフト管理

登録されたシフトに基づいて、遅刻早退を自動で判定

生産性管理

売上や生産高、処理量などの成果を入力し、その成果と勤務実績を対比させて、折れ線グラフで表示

キンタイミライの
導入実績企業一例

ホテル
  • 伊東園ホテルズ
  • 京王プラザホテル
  • 東洋観光事業
  • 共立メンテナンス
  • 西武・プリンスホテルズ
    ワールドワイド
物流/倉庫
  • 伊豆箱根鉄道
  • 近江タクシー
  • 近江鉄道
  • 西武鉄道
  • 西武ハイヤー
  • 西武バス
  • ジェイアール東日本物流
小売り・卸売り
  • アサヒブロイラー
  • アディダスジャパン
  • イケア・ジャパン
  • キャメル珈琲(カルディコーヒー)
  • ロクシタンジャポン
  • ハローズ
飲食/サービス
  • エイアンドダブリュ沖縄
  • 王将フードサービス
  • 東急グルメフロント
観光/レジャー
  • 近江トラベル
  • クリアックス
  • 西武園ゆうえんち
  • 西武ライオンズ
  • 西武レクリエーション
  • フィールズ
  • 横浜八景島

キンタイミライの
費用/見積り例

企業規模
20ホテル(1,400名)の勤怠管理システム
デバイス
パソコン + ICカード(FeliCa)
機能
  • 有休残数管理
  • 時刻型シフト
  • 予実対比型就業実績バーグラフ
  • リアルタイム人件費 など
初期費用8,600,000
月額費用419,000

※いずれも税不明

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

キンタイミライの操作イメージ

キンタイミライの企業情報

社名 株式会社ネオレックス
本社所在地 愛知県名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル
電話番号 052-681-2121
公式HP URL https://www.neorex.co.jp/

※選定基準:
Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、本番開発前のプロトタイプ開発および導入後の無料調整を唯一行っているシステムとして選出(2023年5月16日調査時点)。

最低限の機能だけを選んで管理するなら…
必要な機能を組み合わせて
コスパ良く使える

ジョブカン勤怠管理
(株式会社DONUTS)

ジョブカン勤怠管理公式HP

※引用元:ジョブカン勤怠管理公式HP(https://jobcan.ne.jp/)

オススメの業界

  • 設立して間もないスタートアップ企業
  • 小中規模のベンチャー企業

こんな課題を解決

  • 出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理から使いたい機能だけを選んでコスト削減
  • 設立3年未満の企業であれば、1年間無料で使用できるため、予算を準備していなくても導入可能。

ジョブカン勤怠管理を
導入した事例紹介

残業時間削減と有休取得率を
向上

株式会社IPPOは、ジョブカン勤怠管理を導入し、余分なタスクを洗い出し、業務改善に成功。従業員の残業時間と有休取得の確認が可能になりました
また、年次有給休暇の取得アラートの設定により、有休取得率も向上しました。

(業種:不動産業、従業員規模:~50名)

※参照元:ジョブカン勤怠管理公式HP(https://jobcan.ne.jp/case/19186/)

2日間かかっていた作業が
たったの30分に

月末月初の勤怠の締め対応に2営業日取られてしまう状況をどうにかしたいと思ったことがきっかけで「ジョブカン勤怠管理」を導入したロボコム株式会社。
ボタン一つで集計データが手に入る機能や、工数管理を行う機能など、必要十分な機能がコスパ良くついているという点が導入の決め手です。作業時間を大幅に削減できるようになったので、コア業務にも注力できています。

(業種:製造業、従業員規模:~50名)

※参照元:ジョブカン勤怠管理公式HP(https://jobcan.ne.jp/case/18750/)

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

ジョブカン勤怠管理の特徴

コストパフォーマンスを追求した料金体系

ジョブカン勤怠管理システムは、クラウド勤怠管理システムとして90,000社以上の導入実績を誇るシステム(2023年5月調査時点)。

出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理といった4つの機能を自由に組み合わせることで毎月の金額が決まるというコスパの良い料金体系です。現状のシステムでは無駄な機能がついており、コストがかさんでいる、といった企業にはピッタリでしょう。

豊富なサポート体制を用意

変形労働・フレックス・裁量労働などの勤務形態や、所属・雇用形態ごとに細かい設定、運用が可能です。

また、サポート体制も整っており、電話・メール・チャットでの相談を無料で受け付けているほか、オプション料金を支払うことで、システムの初期設定代行も行ってくれます。

設立3年未満の企業へのフォローも充実

ジョブカンでは、「ジョブカン企業支援プログラム」と称した、ジョブカン勤怠などのジョブカンシリーズを1年間無料で使用することが可能

社労士が労務関係の法改正情報、助成金情報、人事トレンド情報などを動画で解説するサービスもセットになっており、起業したばかりの企業であれば要チェックです。

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

ジョブカン勤怠管理の
搭載機能の一例

タップすると各機能の説明が表示されます

出勤管理

リアルタイムでスタッフの勤務状況の確認や拠点ごとの勤怠管理が可能

シフト管理

直感的な画面操作で簡単にシフトを申請・作成が可能

休暇・申請管理

出勤管理機能やシフト管理機能と連動し、複雑な休暇管理を簡単に実施

モバイル操作

スマホやタブレットでも、打刻・閲覧・各種申請などが可能

工数管理

スタッフやタスクごとの工数集計やデータ出力・分析が可能

集計

スタッフの勤務状況を自動集することが可能

超過労働対策

時間外労働状を一覧で確認でき、36協定超過がある際は自動アラートでお知らせ

外国語表示

画面上の言語は、英語、韓国語、スペイン語、タイ語、中国語(簡体字・繁体字)、ベトナム語への切り替えが可能

医療機関特化

医療現場の勤務形態に合わせた運用が可能

ジョブカン勤怠管理の
導入実績企業一例

IT
  • スマートニュース
  • Chatwork
  • クックパッドライブ
  • dely(クラシル)
飲食/サービス
  • ミスタードーナツ
  • 崎陽軒
  • 肉汁餃子のダンダダン
教育
  • 津田塾大学
  • 立命館大学
小売り・卸売り
  • 阪急阪神百貨店
金融
  • SBI証券
  • 三井住友トラストクラブ

ジョブカン勤怠管理の
費用/見積り例

料金形態
以下の4つの機能をいくつ組み合わせるかによって金額が決定。
機能
  • 出勤管理
  • シフト管理
  • 休暇・申請管理
  • 工数管理
月額利用料金220円~550円(1ユーザーあたり)

※いずれも税込金額。
※月額最低利用料金は2,200円(税込)。

公式HPで資料請求する

電話で問い合わせる

ジョブカン勤怠管理の操作イメージ

ジョブカン勤怠管理の企業情報

社名 株式会社DONUTS
本社所在地 東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階
電話番号 050-3155-5640
公式HP URL https://jobcan.ne.jp/

※選定基準:
Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、必要な機能を選んで価格が決まる製品で、機能が200種類と最も多い (2023年5月16日調査時点)。

会計・経費などと合わせて一元管理するなら…
豊富なバックオフィスシステムとの
連携が可能な

マネーフォワード
クラウド勤怠
(株式会社マネーフォワード)

マネーフォワード クラウド勤怠公式HP

※引用元:マネーフォワード クラウド勤怠公式HP(https://biz.moneyforward.com/attendance/)

オススメの業界

  • IT
  • メーカー

こんな課題を解決

  • 複数のツールで管理するのとは異なり、問題が発生したときの解決へのスピードが速い
  • 財務・会計業務など会計事務所に外注していたバックオフィス業務と一元化し、月次決算の早期化と経営判断の高速化を実現。

マネーフォワード クラウド勤怠を
導入した事例紹介

リモートワークでの
勤怠管理を効率化

株式会社ADX Consultingでは、同社は全社員がリモートワークを行っている中で、契約業務に関しては製本や押印・郵送作業のために出社せざるを得ない状況でした。しかし、マネーフォワード クラウド勤怠の導入により、契約業務の非効率性が大幅に改善。また、契約書の管理もクラウド上で行えるようになり、業務の柔軟性が増しました。
これにより、社員はクリエイティブな業務により多くの時間を割くことが可能となり、会社全体の生産性が向上しました。

(業種:コンサルティング業、従業員規模:~50名)

※参照元:マネーフォワード クラウド勤怠公式HP(https://biz.moneyforward.com/case/moneyforward-cloud/11021/)

IPOに向けた
勤怠内部統制強化を目指して

マネーフォワード導入前は契約書の管理が不十分で、誰が申請し、誰が承認したのかや、契約締結のステータスなども管理できていない状況でした。
そこでマネーフォワード クラウド契約の導入により、承認フローがを整備。締結済みの契約書も一元管理できるようになり、内部統制の強化と業務負荷の削減が実現しました。

(業種:IT、従業員規模:51~300名)

※参照元:マネーフォワード クラウド勤怠公式HP(https://biz.moneyforward.com/case/moneyforward-cloud/11022/)

公式HPで資料請求する

マネーフォワード クラウド勤怠の特徴

バックオフィスシステムを一元管理できる連携力

マネーフォワードのクラウド勤怠管理システムでは、「給与計算」はもちろん「会計」「経費」「人事」「契約」など、23種類ものバックオフィス系システムを同一ブランドで展開。

バックオフィスの強化を検討している企業にとっては、勤怠管理システムの乗り換えと同時にこういったシステムも乗り換えることで、 テレワークやペーパーレスなどへの対応も同時に進めることができるでしょう。

豊富な打刻機能で従業員のニーズに対応

パソコンやスマートフォンからの打刻に加え、打刻機を使ったICカード打刻にも対応しているマネーフォワード クラウド勤怠。

また、基本勤務制・シフト制・裁量労働制・フレックスタイム制など、様々な就業ルールでも勤怠管理が可能です。これにより、様々な働き方に対応した柔軟な勤怠管理が実現します。

既存ソフトからの乗り換えも簡単

既存ソフトからの乗り換えも容易に行えるというのもマネーフォワード クラウド勤怠管理の特徴の一つ。

従業員や勤怠データなどをインポートする機能により、既存ソフトからの乗り換えが簡単にできます。また、勤怠データのエクスポートにより給与ソフトへの取り込みも可能なため、導入と運用もスムーズに行うことができるでしょう。

公式HPで資料請求する

マネーフォワード クラウド勤怠の
搭載機能の一例

タップすると各機能の説明が表示されます

勤怠管理機能

日次勤怠、勤怠確認、分析レポート、拠点別打刻集計、カスタム自動集計(数値集計)

ワークフロー機能

役職階層、ワークフロー経路、申請ワークフロー、代理申請ワークフロー、受信ワークフロー

異動履歴管理機能

異動予約(役職)一覧、異動予約(就業ルール)一覧

休暇管理機能

有給休暇の自動付与、有給休暇付与予定一覧、有給休暇管理簿

アラート機能

不正な打刻・打刻漏れ、許可されていない打刻、無効な勤務パターン

打刻丸め機能

打刻ごとの丸め設定、出勤・退勤・休憩の丸め設定、勤怠項目ごとの丸め設定、日ごと・月ごとの丸め設定、未申請の丸め設定、シフト範囲外打刻の丸め設定

インポート機能

従業員データ、日次勤怠データ、有給休暇利用実績、休暇付与データなどのインポート

エクスポート機能

従業員データ、月別データ、出勤簿データ、出勤簿データ、1ヶ月のシフト表、時間帯別のシフト表などのエクスポート

その他の機能

シフト管理、操作権限設定、ワークフロー通知、マネーフォワード クラウド給与との連携

マネーフォワード クラウド勤怠の
導入実績企業一例

IT
  • Wantedly
  • 17LIVE
  • TVer
  • Schoo
  • SOMPO LIGHT VORTEX
  • カラダノート
  • Wolt
飲食/サービス
  • 世界の山ちゃん
  • 土間土間
メーカー
  • 日本ケロッグ
  • カゴメ
小売り・卸売り
  • イオン
観光/レジャー
  • JTB沖縄

マネーフォワード クラウド勤怠の
費用/見積り例

料金形態
月額(ビジネスプランの場合)6,578円+利用人数に応じて発生する従量課金

※初期費用は0円。
※年間あたり65,736円。いずれも税込金額。

公式HPで資料請求する

マネーフォワード クラウド勤怠の操作イメージ

マネーフォワード クラウド勤怠の企業情報

社名 株式会社マネーフォワード
本社所在地 東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
電話番号 公式HPに記載なし
公式HP URL https://biz.moneyforward.com/attendance/

※選定基準:
Google検索「勤怠管理システム」でヒットした55製品の内、一元管理できるバックオフィス業務のシステムが最も多い(2023年5月16日調査時点)。

ICタイムリコーダー

機能性の高いクラウド型勤怠管理システムです。1人220円(税込)から始められる低価格が特徴。打刻方法も多数そろえているので、利用状況やシチュエーションに合わせて打刻方法を調整することもできます。

AKASHI

AKASHIはクラウド勤怠管理システムです。勤怠管理、労働時間管理、ポイント管理など多彩な機能を搭載しています。また、出勤簿の確認や業績修正、各種承認などを簡単に操作できる直感的なデザインです。

アテンリー

勤務時間を画面上で入力し、月末に提出ボタンを押すだけで勤怠管理が可能。社員の勤務地がそれぞれ違う場合もシステムが一括管理し、入力間違いや申請ミスを防止してくれます。

ALIVE SOLUTION TA

ALIVE SOLUTION TAは、就業時間管理の法令遵守を強力にサポートするシステムです。自社の就業規則に沿った管理を実現し、様々なデバイスに対応した勤怠入力方法により多種多様な勤務体系や制度に対応可能。また、36協定を遵守できる仕組みにより、過重労働の防止・抑止が可能で、労働時間の乖離・差異もしっかりチェックできます。

e-就業OasiS

e-就業OasiSは、柔軟な設定が可能な勤怠管理システムです。様々な働き方に対応した勤務パターンや各種休暇の設定が可能で、報告漏れや残業時間、休暇取得などに対してアラートやメールでの通知設定ができます。専任の導入支援担当がシステム運用相談や初期設定を行い、運用開始後もサポートデスクがサポートを提供します。法改正時には迅速にバージョンアップを行い、無償で提供します。

e3school勤怠管理システム

リアルタイムの出席状況追跡システムがあり、各教師の出勤時刻と退勤時刻が自動的に収集され、リアルタイムで集計されます。時間外計算や報告書作成などの業務を自動化することで、校長や副校長などの学校管理者の業務負担を軽減可能。

WiMS/SaaS 勤務管理システム

出退勤時間の管理をはじめ、休暇・残業の申請、承認ワークフロー、シフト管理、プロジェクト工数管理など豊富な機能を持つWiMS/SaaS 勤務管理システム。フレックスタイム制・変形労働時間制などの多様な働き方にも対応している点もポイントです。

かえる勤怠管理

ビル管理に特化した勤怠管理システムであり、全国各地のビルメンテナンス・清掃・マンション管理業者に導入されています。ボタンを押すだけで出退勤時間の打刻ができるため、高齢者やスマホが苦手な人でも簡単に対応できるのが特徴。

ガルフCSM勤怠管理

クラウド型の勤怠管理システムで、スマートフォンやPCからでも利用可能。勤怠データの一元管理が可能で、リアルタイムに勤怠状況を把握できます。勤怠データのエクスポートや勤怠状況の一覧表示など、管理者向けの機能も充実しています。

COMPANY

さまざまな企業のニーズに合わせてカスタマイズできます。ログオン・ログオフ管理やWeb打刻の客観的な情報管理、それらのデータの比較など、さまざまな勤怠管理が可能です。シフト作成や工場ローテーションなどの特殊な勤務形態にも対応。

勤革時

クラウド型の勤怠管理システムで、PCとインターネットだけで利用可能です。リアルタイムで出退勤や残業の確認が可能で、打刻漏れや残業超過をメール通知で知らせます。また、導入企業数は16,000社、利用ID数は1,300,000ID(2023年5月調査時点)。

KING OF TIME

KING OF TIMEは、クラウド型の勤怠管理システムで、PCとインターネット環境があれば、簡単で高度な勤怠管理が可能です。KING OF TIMEは、従業員による打刻申請を管理者が承認する形で勤怠管理でき、打刻漏れはリアルタイムで表示されるため、早期に対処が可能です。

kincone

クラウドベースの勤怠管理システムです。従業員の出勤・退勤時間をリアルタイムで管理し、遅刻や早退、残業時間などを自動的に計算します。また、スマートフォンやタブレットからでもアクセス可能で、リモートワークや出張先からの打刻も可能です。

勤怠管理EX
(Knwolbo)

出勤時刻をICカードやバーコード/QRコードで打刻でき、手軽に出退勤管理ができます。モバイル環境でも打刻できるのでリモートワークにも適しています。

勤怠管理パック
(リコージャパン)

出退勤の打刻や勤怠データの集計・管理はもちろん、シフト作成機能、勤怠管理機能、給与計算機能、帳票作成機能、点呼業務改善機能が備わっています。

勤怠管理システム
(システムギア)

シフト管理機能が搭載されたクラウド型勤怠管理システムを使うことで、シフト作成や管理の時間削減になり修正や共有もしやすくなります。勤怠管理システム内蔵型のシフト管理システムを導入することで、シフト表の作成や勤務予定の管理を効率的に行うことが可能。

勤怠管理システム
(ビジネストラスト)

様々なデバイスや認証方法を用いて、場所に応じた打刻が可能で、Web上で勤怠申請も行えます。また、残業時間が法定上限を超えそうになると警告が出るとともに、個々の勤務条件に基づいて労働時間を自動的に集計します。

勤之助
(HOYA株式会社)

さまざまな業種、職種、企業規模、勤務スケジュールに対応できる汎用性の高い勤怠管理システムです。シフト調整や仕事量管理などの機能も搭載。また、残業削減や生産性向上につながる「働き方改革」や「健康経営」を支援する機能を備えています。

クラウドタイムカード

クラウドタイムカードは、低価格で利用可能な勤怠管理システムです。パソコンやタブレット、スマートフォンからでも利用可能で、勤怠管理や出勤退勤管理が簡単に導入できます。また、テレワークでの勤怠管理や時差出勤などの勤務パターンも対応可能です。

クロノスPerformance

豊富な実績と使いやすさが特徴的であり、34年の歴史に渡るノウハウと1万社以上の導入実績があります(2023年5月調査時点)。打刻データの集計をはじめ、時間外労働、有給などの勤怠に関わるデータの集計を自動化し、勤怠管理にかかる作業を大幅に効率化するシステムです。

ここにTouch!

クラウド型とオンプレミス方式を用意しており、在宅勤務のかたも自宅の端末から出退勤(出勤・外出・戻り・退勤)の登録が可能。操作が簡単で、誰でも使いやすい。

CC-BizMate

CC-BizMateは、出退勤管理、勤怠管理、労務管理、工数管理、プロジェクト管理、在宅勤務、テレワーク勤務など、人事総務部門の業務を効率化するクラウドサービスです。継続利用率98.9%(2023年5月調査時点)と高い評価を受けており、月額費用は一人あたり200円(税不明)からと手頃です。テレワーク利用の実績も多数あります。

ShiftMAX

Excelをインターフェースに使えて、管理をクラウド上で行えるハイブリッド型のシフト・勤怠管理システム。シンプルな操作により、出退勤状況のリアルタイム確認、携帯電話での出退勤打刻も可能です。

ジンジャー勤怠

ジンジャーは、人事労務・勤怠管理・給与計算・ワークフロー・経費精算など、人事労務の効率化を支援するクラウドサービス。また、リアルタイムで労働時間の集計/管理や有給休暇の管理ができます。

シュキーン

シュキーンは、クラウドベースの勤怠管理システムで、PC、スマートフォン、ICカードからタイムカードに打刻できます。紙やExcelの出退勤管理よりもコスト・業務時間を大幅に削減。給与ソフトとの連携機能やシフト作成機能、統計機能など、基本的な勤怠管理機能が揃っています。

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は出勤管理、シフト管理、有休管理、残業管理まで勤怠管理業務に必要な全ての機能を備えています。また、導入実績が90,000社以上あります(2023年5月調査時点)。

SPEASIC
(エスピーイー株式会社)

SPEASICは、ICカードをはじめとした多様な打刻方法で幅広い働き方に対応した勤怠管理システムです。サーバーなどの準備が不要で、手軽に安価で導入・運用が可能です。

スマレジ・タイムカード

給与計算、休暇管理、シフト管理、日報、プロジェクト管理など、勤怠管理の枠を超えた機能を提供しています。無料でアカウントを作成すると、60日間すべての機能が使えます。

セコムあんしん勤怠管理サービスKING OF TIME Edition

クラウド勤怠管理システムであり、初期費用が0円から始められます。スマホやWeb、生体認証、ICカードリーダーなど、豊富な打刻方法を備えており、さまざまな働き方に対応可能。セコム入退室管理システムとの連携も可能です。

Time-R

勤務時間の管理・集計ルール設定、残業時間の申請・承認・集計、マイページを使った有給休暇の申請・承認、不正防止対策、固定の勤務時間の他、月単位・週単位の変形労働による勤務予定時間を登録できます。また、働き方改革法に準じた機能を実装しており、安価でわかりやすい料金の設定です。

TIME-3X

TIME-3Xは大規模企業向けの出退勤管理システムで、導入企業の75%が従業員数1,000名以上です。親しみやすい画面と操作で、必要な情報をまとめて提供します。豊富な標準機能と専任ディレクターによる分析で業務適合率を向上させ、導入から運用までのサポートを提供します。

TimeBiz

TimeBizは、勤怠管理を簡単に行えるクラウドサービスです。出退勤時間の自動集計、休暇申請、残業申請など、様々な機能があり、労働時間の管理を効率化します。また、スマートフォンやタブレットからでも利用可能で、リモートワークにも対応しています。さらに、導入後のサポートも充実しており、安心して利用できます。

TimePro-VG/VGcloud

TimePro-VGは、アマノ株式会社が提供する勤怠管理システムで、タイムカードを利用した勤怠管理から、シフト管理、給与計算まで一元的に管理することが可能です。また、リモートワークに対応した勤怠管理機能も提供しており、現代の働き方に合わせた柔軟な対応が可能です。

タイムログDX

タイムログDXは、多機能なクラウド型勤怠管理システムです。ダッシュボードで勤怠情報を一覧でき、スマホ専用画面でどこからでも利用可能です。医師の時間管理や乖離時間管理、個人注文管理など特殊なニーズにも対応。初期費用は100,000円から、月額は300円/人からです(いずれも税不明)。

タイム・ワークス

複数の打刻方法から自社にあった打刻方法を選択できることが魅力。PCやスマートフォン・タブレットでの打刻に加え、ICカードや指紋認証、静脈認証による打刻が可能です。
また、法令や雇用契約上、問題のあるスケジュールの立て方をチェックする便利機能なども搭載しています。

Touch On Time

初期費用が無料で、月額300円/1人と低価格(税不明)。各従業員の就業ルールに合わせてリアルタイムに自動集計されるため、手軽に勤怠の把握ができます。サポート体制が充実しており、継続率が99.7%です。

タブレットタイムレコーダー

タブレットタイムレコーダーは、iPadをタイムレコーダーにする勤怠管理アプリです。写真撮影やグラフ表示、ビデオメッセージ、打刻時メール送信、PCからのデータアクセスなどの機能が充実。時間の自動集計ができるため、手作業による時間の集計や給与計算ソフトへの入力が不要です。

TeamSpirit

勤怠管理、労働時間管理、経費管理などの機能を提供することに重点を置いたクラウドベースの勤怠管理システム。テレワークやフレックスタイム制など、さまざまな働き方に対応しています。1,700社以上、40万人以上に利用されています(2023年5月調査時点)。

使えるくらうど勤怠管理for建設業

クラウドシステムを使った一度の日報入力で勤怠管理が行えるため、誰でも簡単に操作可能。タイムレコーダー(打刻)機能や申請・承認などのワークフロー機能、自動集計・管理、シフト・勤務管理機能など、多くの機能に対応しています。

Dr.オフィスLookJOB2

Dr.オフィスLookJOB2は、勤怠管理だけでなく、給与計算や人事評価など、幅広い人事労務業務を一元管理できるシステムです。クラウド型とオンプレミス型の両方を提供しており、企業のニーズに合わせて選択できます。また、システム導入後のサポート体制も充実しています。

キンタイミライ

キンタイミライは、勤怠管理をシンプルに行うことができるシステムです。スマートフォンやパソコンから簡単に打刻が可能で、出勤・退勤時間の管理を効率化します。また、勤怠データのエクスポート機能も備えており、給与計算や労働時間管理にも役立ちます。

Hyper-BT クラウド勤怠

QRコード、ICカード、指静脈認証など、さまざまな方法で出退勤の打刻記録が可能。従業員の勤怠情報を一目で把握できる勤怠ポータル機能や、長時間労働を事前に検知するアラート機能など、従業員の長時間労働を抑制するための機能も充実しています。

ハーモス勤怠

ハーモス勤怠は、30名以下の企業であれば無料で使える勤怠サービスであり、一人当たり月額100円(税不明)で利用できます。日々の勤怠確認(打刻データ・勤務データ)やテレワーク・在宅勤務への対応、さまざまな就業規則への対応などができます。

奉行Edge 勤怠管理クラウド

様々な企業の勤怠管理の手間を削減できる標準化された勤怠管理を提供しています。従業員の打刻・申請から総務担当者の勤怠集計まですべてクラウドで行えるため、一連の勤怠管理業務をデジタル化できます。

フリーウェイタイムレコーダー

ICカード、パソコン、スマホで打刻することこが可能です。従業員10人まで無料で利用でき、11人以上は月額2,178円(税込)で利用できます。勤怠管理システムとして、出退勤打刻と勤怠集計の最小限の機能を備えています。

freee勤怠管理Plus

幅広い勤怠管理機能を提供し、紙の出勤簿やタイムカードを卒業できることで、勤怠管理の効率化を実現できます。また、管理者は従業員の勤務状況をタイムリーに確認できるため、業務のフォローアップもしやすくなっています。さらに、シフト情報との連携により、出退勤管理も一気通貫で行えるため、業務効率化にもつながる。

マネーフォワード クラウド勤怠

出退勤打刻から働き方改革対応まで、勤怠管理に必要な機能を提供しているクラウドサービスです。労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成し3年間保存することもできます。

mitocoWork勤怠

Mitoco Work 勤怠は、従業員の勤怠申請やスケジュール確認など、労務管理を強化するための機能を提供しています。時間外労働時間の超過状況の確認画面や年休の取得義務の確認画面など、社員の労務管理を担当するかたに役立つ機能も備わっています。

MINAGINE就業管理

不正打刻防止機能やPCログ取得によって客観的な労働時間管理が可能。
法改正や複雑な就業制度も反映できるクラウド型勤怠管理システムです。

MosP勤怠管理

オープンソースの勤怠管理システム。エンジニアとしてのノウハウを持つ企業であれば、自社に適したシステムを構築できます。外部の既存システムを頼るのではなく、内製で自社のためのシステムを構築したい企業に適したシステムです。

MOT 勤怠管理

シンプルで使いやすいクラウド勤怠管理システムです。1IDあたり218円(税込)と低価格ではありますが、出退勤管理、休暇管理、シフト管理など多くの機能を標準装備しています。海外勤務や複数子会社の一括勤怠管理にも対応。

rakumo キンタイ

多様な働き方と働きやすさをサポートする勤怠管理システムです。また、稟議フローのスムーズな進行や掲示板を使った会社メンバーへの告知事項の共有など、ワークフローとの連携が可能です。

楽楽勤怠

出退勤・有給休暇・残業を一元管理できます。UI操作性に優れ、従業員も管理者もマニュアルレスで使用できるシンプルな画面設計。また、PC・スマホ・タブレットで打刻可能であり、正確な勤怠をWEBで確認できます。

リシテア就業管理クラウドサービス

直感的な操作が可能なUIにより、従業員も担当者も迷わずに入力や管理できるよう、使いやすいデザイン。カードリーダー打刻やスマホ・PCからのWeb打刻など多様な方式に対応しており、客観記録が取れます。外国語にも対応しています。

レコル

レコルの特徴は、使いやすさとコストパフォーマンスの高さです。機能は必要なものだけに絞り、複雑な機能は排除されており、誰でも簡単に使いこなせるようになっています。また、1人あたり月額110円(税込)というコストパフォーマンスの高さも魅力的です。

About system

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤の記録をはじめ、残業や休日休暇の申請、シフト作成、労働時間の集計など、勤怠管理全般を支援/効率化してくれるシステムのこと。

様々な種類のシステムが存在する中、各システムの特色や持っている機能には当然違いがあるため、自社に合った製品を選ぶ必要があります

勤怠管理システムのカスタマイズのメリット

勤怠管理システムのカスタマイズのメリットとしては、

企業固有の就業規則や管理方法に合わせてシステムを構築できる点が挙げられます。
これにより、自社の業務フローに完全にマッチしたシステムを導入することが可能となり、業務効率の向上が期待できます。
また、不要な機能が搭載されていないため、使いやすさが増すというメリットもあります。

これらのメリットにより、カスタマイズされた勤怠管理システムは、企業の労働生産性向上が期待できるでしょう。

勤怠管理システムのデメリット

カスタマイズした機能が実際には活用しきれない場合もあります。
これはシステム導入後に自社の業務フローやニーズが変化した場合などに発生しやすく、結果として不要なコストが発生する可能性があります。

上記デメリットを考慮に入れ、カスタマイズの範囲や内容を慎重に決定することが重要です。

勤怠管理システムの注意点

まず、初期導入時に搭載する機能をよく吟味することが重要です。必要な機能を見落とすと、後から追加する際に時間と費用がかかる可能性があります。

次に、カスタマイズにかかる費用やランニングコストを事前に確認しておくことも大切です。
システム導入後に予期せぬコストが発生するリスクを避けるため、事前の確認は重要です。

これらの点を考慮し、計画的にシステムのカスタマイズを進めていきましょう。

勤怠管理システムの導入費用

勤怠管理システムを導入するにあたっては、コスト面も気になるところ。当然、シンプルで機能が少なくないものはコストも低く、より複雑な機能で自社のニーズに沿うものを選ぼうとするとコストがかかってきます。

勤怠管理システム導入の
メリット/デメリット

労働時間の正確な集計からコスト削減にいたるまで、勤怠管理システムを導入する際のメリットを解説。導入費用や専門的な知識の必要性など、考慮すべきデメリットも併せて解説しています。

勤怠管理システムの機能

勤怠管理システムにおける「基本的な機能」から「高度な機能」、さらには機能のカスタマイズまで、具体的に解説いたします。企業ごと、職種ごとのスタイルに合わせて勤怠管理を行う上で、自社にはどんな機能が必要なのかを考える際の参考になさってください。

大企業が勤怠管理システムを
選ぶポイント

企業の規模が大きくなればなるほど、勤怠管理システムに必要な機能はより複雑になっていきます。ここでは、社員の労務状況を効率的に管理する機能、法令遵守を支援する機能、企業の特定のニーズに対応できるカスタマイズ性などを解説いたします。

法令違反リスクを防ぐための
勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムを導入するとしても、それぞれの企業や従業員の業務形態や労働実態に適した設定やシステム運用が行われなければ、結果的に正確な勤怠管理も困難となって法令違反リスクが高まります。勤怠管理システムの活用で法令違反を避けるポイントをまとめました。

変形労働時間制とは?
勤怠管理はどうする?

変形労働時間制とは、月単位や年単位などを清算期間として設定し、一週間当たりの労働時間を平均化して、特定の日や週において法定労働時間を超えて働けるよう調整する精度です。多様な働き方を叶える手段として、変形労働時間制を採用する企業が増えていることも見逃せません。

有給の際の勤怠管理はどうする?

これまでは有給休暇の取得日数に対する使用者への義務はありませんでしたが、2019年4月から施行された働き方改革関連法によって年5日以上の有給休暇の取得が義務化されました。有給休暇を取得させないと罰則が課される恐れがあるため、有給休暇の取得状況を正確に把握するための管理体制づくりが求められています。

残業の勤怠管理について

2019年4月から働き方改革関連法の施行がスタートし、残業時間や時間外勤務についても厳しく規制されるようになっています。そのため企業や自社の従業員の勤務実態をしっかりと把握して、法的範囲を逸脱した残業が発生しないよう、労働環境を見直さなければなりません。

フレックスタイム制での勤怠管理は?

フレックスタイム制は3ヶ月以内の総労働時間を決めておき、その範囲内であれば個々の従業員が自らの裁量で出勤や退勤のタイミングを決められる制度です。フレックスタイム制の導入には事前の協議や労働基準監督署への届出のほか、適正な勤怠管理の導入といった体制構築も必要です。

休日出勤での勤怠管理は?

本来であれば休みとなる日に従業員へ出勤を命じる場合「休日出勤」となるため、事前に36協定を締結して、割増賃金を適用する必要があります。勤怠管理には、休日出勤に対応したシステムの導入が推奨され、正確な時間管理と従業員への配慮が求められます。適切な管理と運用を通じて、法令と従業員の権利を守りましょう。

一部、手作業での
集計が発生
使いづらいシステムで
打刻ミスが頻発
法改正に
対応しきれなかった
Select

失敗例から見る
勤怠管理システムの
正しい選び方

業務を効率化できると思って勤怠管理システムを導入したはいいものの、思っていたほど効率化できなかったケースは少なくありません。

ここでは、実際に勤怠管理システムを導入後の課題を紹介していますので、自社にあったシステム選びの参考になれば幸いです。

失敗例から見る勤怠管理システムの
正しい選び方を詳しく見る

小売りや飲食といったいわゆる「店舗系」の職種では、シフト制が一般的。シフト作成に追われていたり、現場の責任者が労務管理まで手が回っていなかったりなど、勤怠管理に関して様々な課題を抱えています。

24時間365日の運営が求められるホテル業界。勤怠管理においては、フロント・レストラン・清掃などで勤務形態や勤務時間が異なります。そのため、より正確に管理できる勤怠管理システムが求められています。

法改正により厳密な残業時間管理が求められる物流業界。加えて、「拘束時間」「運転時間」「休息時間」「休日時間」などにも規制が入ることから、現場では細かいニーズに応えられる勤怠管理システムが求められています

病院/介護業界では、シフト制と非常勤スタッフの多さが特徴的。多様な勤務形態・勤務時間の方々が入り乱れていることもあり、正確なシフト管理や宿日直の労働時間管理が大きな課題としてあります。

長時間労働がまん延している建設現場においては、労働時間管理が非常に重要です。なかでも、残業時間の上限規制等をきっかけに、より厳密に労働時間を管理していく必要があるのです。

24時間体制での勤務や、現場への直行直帰が一般的な警備業界。そういった特殊な勤務形態だからこそ、現状の勤怠管理システムに使いづらさを感じている方々も多いのではないでしょうか。

多くの一般企業において、労働時間の管理、適切な労働環境の提供、そして法令遵守のための重要なツールです。特殊な業界でなかったとしても、実は企業ごとの特色に合った勤怠管理システムを使う大きなメリットがあるのです。

学校では、教職員という特殊な勤務体系と長時間労働の問題という大きな課題を抱えています。学校に必要な勤怠管理システムとはどういったものなのか、解説いたします。

製造業では、工程管理と勤怠管理の連携が非常に重要。これらの課題を解決し、生産効率の向上に寄与できる勤怠管理システムが必要なのです。

Possibility

こんな設定は可能?
勤怠管理システムの可能性

勤怠管理システムの可能性は大きく、多様な設定や機能が可能です。例えば、システムはパソコンの起動時間や生体認証を利用して自動的に出退勤を記録することができます。

また、自前のスマートフォンを使って打刻することも可能です。リモート勤務にも対応し、安全かつ正確な勤務時間の管理が可能となりました。これらの機能により、勤怠管理システムは働き方の多様化を支え、企業の労働環境改善に大いに貢献しています。

勤怠管理システムの
可能性について見てみる

Feature

特集
自社仕様の勤怠管理
システムを追求
具体的なカスタマイズ
事例をご紹介

特集 自社仕様の勤怠管理システムを追求具体的なカスタマイズ事例をご紹介

勤怠管理システムを導入してはみたものの、一部で手作業が発生しており、「もっとこういう機能があれば効率化できるのに…」と考えたことはありませんか?

ここではそういった企業に向けて、勤怠管理システムの“カスタマイズ性”に着目して事例を紹介しています。

勤怠管理システムの
カスタマイズ事例をチェック